スポンサーサイト

  • 2016.12.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    秋に聴きたくなる曲

    • 2009.09.16 Wednesday
    • 10:51
     秋になると何故か聴きたくなるのが火曜サスペンス劇場の主題歌
    淋しげですが、じっくりと聴きたい曲が豊富ですね。
    特に「遥かな時を越えて」「体温」が好きです。

    毎年同じ季節に不思議と同じ曲が聴きたくなりますよ。

    そんなことありませんか?
    評価:
    TVサントラ
    ビクターエンタテインメント
    ¥ 2,600
    (2003-03-21)
    コメント:一世を風靡した名曲の数々一般的にサスペンスと聴くとこのテーマを思い起こす方も多いはずそれほどインパクトがありました。秋のなると聴きたくなる曲たちです。

    秋冬(高田みづえ)〜北風のキャロル(荻野目洋子)〜冬色の街(桜田淳子)

    • 2006.11.24 Friday
    • 22:09

    タイトル通り秋から冬へのSTORY「秋風に吹かれて・・・」終盤はこの曲からです。
    高田みづえさんのヒット曲として有名なこの曲。秋冬
    季節の変わり目であなたの心がわかるなんて・・・ほぼ演歌的な歌詞の内容ですが、よい曲でした。
    この曲は84年桑田圭祐さん作詞作曲による「そんなヒロシに騙されて」をヒットさせた高田さんが次なるヒットを!とリリースした名曲。
    発売はタイトルとはかけはなれた冬から春になる時期だったと思います。
    他の歌手との競作にもなりましたが、やはり高田さんのものが一番しっくりきているように感じるのは僕だけでしょうか?

    このコンピレーションを作るとき最後の曲はこの曲と思っていました。
    1曲目「秋からもそばにいて」は夏から秋への移行期の曲で秋の深まりとともに歌の旅をして参りましたが、ここで秋ともお別れ、いよいよ冬がやってきます。
    この曲「秋冬」の「冬も近いのね・・・」という歌詞にのせて落ち葉がいつしか粉雪に変わります・・・
    そして、秋風はいつしか木枯らしを経て北風となって・・・

    北風のキャロル
    この秋冬のエンディングから北風のキャロルへの移り変わりは歌で季節の変化を感じやすい構成。だと思っています。

    先ほども書きましたが、落ち葉がいつしか粉雪に変わっていく様が目を閉じるとほんとに浮かんできそうです。音の素晴らしさが伝わってきます・・・

    とうとう冬がやってきた・・・そんな感じですかね。そして季節は冬の初め12月頃が舞台でしょうか・・街はクリスマス一色に彩られた中にも切なさがつのります・・
    秋からもそばにいて・・そんな願いは粉雪の中に埋もれていくのでしょうか・・・

    ※北風のキャロルは筒美京平さんの作品ですが、オギノメちゃんの曲としては前作「さよならの果実たち」で初めて筒美作品に取り組み初の1位を獲得しましたが、この曲は2位でした。
    ちょっとマメ知識でした〜



    冬色の街
    恋人が去っていった街は冬色一色に・・・深く積もる雪の中「わたしはしあわせになれなくてもいいの」そんな言葉を残し秋風に吹かれたSTORYは結末を迎えます。
    なんて演歌なんでしょうか?
    ちょっと悲しいSTORYでしたが、秋から冬への季節の変わり目を感じていただけたでしょうか?(んな訳ね〜だろう!)・・・と聴こえてきそうです・・嬉しいがこれにておしまい!チャンチャンゆき

    ※冬色の街は78年暮れに発売された桜田淳子さんのシングル。
    百恵ちゃんでいえば「いい日旅立ち」ピンク・レディーでいえば「カメレオン・アーミー」の頃です。前年77年暮れあの中島みゆき作品「しあわせ芝居」でいちやくイメージチェンジに成功し、単なるアイドルから大人の歌手へと変貌をとげた淳子さんでしたが、1年後の冬も切ない失恋ソングを出しましたが、歌詞の内容などは演歌調です。曲は細川たかしさんの北酒場などを手がけた中村泰士さん。
    切ない曲は素晴らしい出来だったと思います。


    以上コンンピレーション「秋風に吹かれて・・・」の曲目は

    1.秋からもそばにいて(南野陽子)
    2.色づく街(南沙織)
    3.あの場所から(柏原よしえ)
    4.ラヴェンダー・リップス(河合奈保子)
    5.ちいさい秋みつけた(岩崎宏美)
    6.枯葉(ザ・ピーナッツ)
    7.秋桜(山口百恵)
    8.乾杯お嬢さん(ピンク・レディー)
    9.思秋期(岩崎宏美)
    10.KOSMOS(富田靖子)
    11.もう逢えないかもしれない(菊池桃子)
    12.旅愁(岩崎宏美)
    13.秋のIndication(南野陽子)
    14.小さな旅(岩崎宏美)
    15.哀愁情句(早見 優)
    16.木枯らしに抱かれて(小泉今日子)
    17.カトレアのコサージ(ピンク・レディー)
    18.秘めやかなラブ・ストーリー(河合奈保子)
    19.秋冬(高田みづえ)
    20.北風のキャロル(荻野目洋子)
    21.冬色の街(桜田淳子)


    でした。心の旅いかがでしたか?

    カトレアのコサージ(ピンク・レディー)〜秘めやかなラブ・ストーリー(河合奈保子)

    • 2006.11.13 Monday
    • 21:56


    切ない秋・・・そんな季節は実にドラマチックです。
    木枯らしの吹く季節になるとあ〜もうすぐ冬・・・と切ない気持ちに落ち葉が舞い散るような重みが加わって更にその時を見つめなおす・・そんな時間がやってきます。

    そこでこの2曲。
    カトレアのコサージはジャケット写真をご覧いただければお分かりになるでしょうが、シングル「リメンバー(フェーム)」のB面に収録されていました。
    ピンク・レディーらしからぬ切ないバラードが聴きものです。
    ピンク・レディーのこの曲に関するコメントはこちら

    次の秘めやかなラブ・ストーリーは河合奈保子さんの自作曲によるもので、銀杏並木から銀杏の葉が舞い散る様を見ながらいろんな地球上の愛を銀杏の葉に例えて送る壮大なバラードです。
    秋の歌集大成・・そんな印象さえする1曲です。

    さあ、次回はいよいよオーラス、季節は秋から冬へと移り行きます。


    哀愁情句 (早見 優)〜木枯らしに抱かれて(小泉今日子)

    • 2006.11.06 Monday
    • 20:11
    早見優・・といえば、やっぱし”夏”でしょう。この曲「哀愁情句」は連続ヒットを飛ばしていた84年、ちょっと一区切り的に出された秋の曲。
    前曲「秋のIndication」から秋が深まった感のする曲です。
     あの南沙織さんの再来的イメージが強かったですが、彼女もやはり筒美京平さんの楽曲を多く歌ったアイドルでもあります。
    夏のイメージが強いアイドルが秋の曲でヒットを飛ばすことはなかなか難しいことですが、この曲を聴いていてもやはり、夏の声の彼女にはちょっとムリがあった気がします。
    なんというか?声を通じて切なさは・・あまり感じられないでしょう。
    でも、この曲はなかなかの名曲。イントロのピアノがアレンジ的にはOKの気がしますが・・

    木枯らしに抱かれて
    秋から冬へ・・段々と季節が移り行く・・そんな感じのするこの曲をここで投入。
    ご存知アルフィーの高見沢さんの曲ですが、今聴いてもなんといい曲でしょう。
    この曲が流行ってる頃、好きな女の子がこの曲をカラオケでよく歌っていました。
    すご〜く思い出深い曲です。

    行進曲的なアレンジが”切ない片想い”を更に判りやすく表現されていて、木枯らしの吹く11月頃でしょうか?もうすぐ冬・・そんな感じがします。

    この曲をここで収録している・・・ということは、そろそろ終盤だということです。

    秋から冬にかけてのSTORYはそろそろエンディングを迎えます・・・

    旅愁(岩崎宏美)〜秋のIndication(南野陽子)〜小さな旅(岩崎宏美)

    • 2006.10.31 Tuesday
    • 15:43
    GOLDEN☆BEST/南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット
    GOLDEN☆BEST/南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット
    南野陽子

    もう逢えないかもしれない・・・そんな想いを抱いて秋風の中を旅する。
    そんな流れを継いで愛唱歌「旅愁」と南野陽子の「秋のIndicaition」を収録。

    旅愁は音楽の授業でも、歌ったことがありますので、みなさんご存知ですね。
    るんるんふけゆく〜秋の夜〜た〜びのそ〜ら〜の〜これも、岩崎さんの「愛唱歌集」に入っていた曲です。
    なんとなく、「もう逢えないかもしれない」からイメージ続きませんか?
    愛唱歌ということで、ホッとさせられる音使いが心地いいです。
    マイナーな曲からこういったメジャーコードの曲に移行する。そうすることで、次の「秋のIndication」へ流れをよく構成しました。

    秋のIndicationは南野さんの秋のヒット曲。
    澄み切った秋の空気。そんな雰囲気を感じることの出来る旅情的ヒット曲。
    マイナーコードからメジャーコードに転身することがこの曲の特徴ですが、
    萩田光雄さんは面白い曲を提供したなあと思います。
    ギターの単調なアレンジも曲全体を引き締めているように感じますし、ね。
    切ないけど、なんとなく希望の香りもする曲です。
    これもポッキーのCMソングでした。
    秋の広大は景色が思い浮かぶようで、コスモス畑を思い浮かべてしまうのですが、それは僕だけでしょうか?楽しい

    そして秋風に吹かれた旅はごく普段の暮らしの中にも存在します。
    小さな旅かつてNHKの同名番組のテーマとして流れた曲でありました。
    岩崎宏美さんの歌唱で、秋の風にのって旅をする。
    そんな印象のする名曲です。

    もう逢えないかもしれない (菊池桃子)

    • 2006.10.27 Friday
    • 13:28
    さあ、秋の名曲コレクション「秋風に吹かれて・・・」折り返し後半のスタートはこの曲からです〜。

    桃子ちゃんがスーパーアイドルになった証というのはあのポッキーのCMに起用されたことではないでしょうか?かつて時代のスーパーアイドルたちはこのポッキーのCMに起用されていました。ひとつのステイタスだったのです。
    そんなポッキーのCMソングがこの曲でしたね。(確かそうだったと思うのですが・・)

    秋風に吹かれて・・・そんなタイトルでコンピレーションを作るときこの曲も思い浮かべました。
    当時、ディスクは持っていなかったので、レンタルして収録したことを覚えています。

    桃子ちゃんの曲の中では、マイナー調でちょっと大人っぽい演出が当時斬新だったことを覚えています。
    今でも残っている曲のひとつではないでしょうか????

    ちょっと秋が深まってきた・・そんな印象を持つ1曲です。

    スペシャル・セレクションI
    スペシャル・セレクションI

    KOSMOS (富田靖子)

    • 2006.10.25 Wednesday
    • 07:27

    コスモス・・・丘に咲くコスモスたちを豊かなコーラス隊とともにお送りするのがこの曲です。
    富田靖子のアルバム「オクターブ」に収録している、1曲です。
    富田靖子・・といえば、歌手というより女優としての活躍が有名である。
    「アイコ16歳」は有名です(なつかしい・・)
    僕は個人的に彼女が主演した「BUSU」という映画が大変好きでした。

    さてさて、この曲、コーラスとともに歌っているので彼女の声を確認するのに、ちょっと苦労しますが、2分少々とCM的にちょっと一息っといった感じで収録しました。
    高速なんか通ると山の合間にコスモスがたくさん咲いているのが見えますが、その風景が目に浮かぶようです・・・ということはいい曲なんですよね。

    思秋期

    • 2006.10.17 Tuesday
    • 07:33
    岩崎宏美のオリジナルで”秋”といえば、やはりコレでしょう。
    アイドル離れした定評のある歌唱力で山口百恵の秋桜と同じ時期にリリースされたのがこの曲「思秋期」
    百恵ちゃんとは違った秋の風景は豊かに伸びる高音とともに秋の澄み切った青空そのものでした。
    歌詞の中に「わたし18」と年齢が入っているにも関わらず、今でもジックリ聴ける名曲です。
    (有名な曲なのでご存知でしょう)
    この曲で阿久先生の年をとらせる方法が岩崎宏美さんの場合、この曲でした。
    思春期にかけてオリジナルな思秋期というタイトルのつけ方にもセンスを感じますね。
    彼女のコンピレーション盤には必ず収録されている曲です。
    アイドル時代の代表曲「思秋期」も秋の定番曲です。

    <COLEZO!TWIN>岩崎宏美
    岩崎宏美

    乾杯お嬢さん

    • 2006.10.13 Friday
    • 08:20

    さあ、しんみりしていた秋の名曲群の中に起爆剤投入です。
    デビュー曲ペッパー警部のB面曲がコレ(ファンなら知ってるよ〜)
    キャンディーズの春一番の秋バージョンともとれる曲ですが、悲しい秋の中でこれだけは唯一希望を歌ってます(かなりオーバーな表現でしょうか?)
    出逢いは春にくるものですが・・・この曲はちょっと背伸びをしている少女が秋になってちょっと大人っぽく変身〜いい出逢いがあるかも?と歌っています。
    僕の作るオムニバスにはこんな風に起爆剤的楽曲を間に挟んで編集します。
    一個前の秋桜の後にこの曲が流れるとハッと目が覚める思いです。
    こうしてメリハリをつけていくのです・・なんちゃって
    でも、一般の方にももっと認知していただきたい程の名曲なんですよ。
    本来ならこれがデビュー曲だったのかも知れませんから・・・。
    さ、次の曲は・・・お楽しみに〜


    ペッパー警部(紙ジャケット仕様)
    ペッパー警部(紙ジャケット仕様)

    秋桜(コスモス)  山口百恵

    • 2006.10.09 Monday
    • 08:32


    薄紅のコスモスが秋の日の・・何気ない陽だまりに揺れている・・
    この頃涙もろくなった母が庭先でひとつ咳をする・・・


    どこにでもあるような風景描写から始まる心温まる曲・・

    今の時代嫁ぐということに対してこのような風景描写を思い描くことがあるのかはわからないけど、女の人生でやはり結婚というのはひとつの転機であることには変わりがない。

    さだまさし作詞作曲による歌唱:山口百恵の作品
    77年秋のこの曲は当時それほどヒットしたわけではない・・
    しかし、時の流れの中で流行りではない人の心情を歌った曲だからこそ今の時代、彼女の作品の中でもっとも人気の高い曲となった。

    さだまさしの曲には親子のそれも母をテーマに歌った曲が他にもあるが、あの無縁坂もそのひとつ。
    やっぱり人の心をうつ曲に「母への想い」というのは一番心に感動の波を立ててくれる。
    どんな人にも親はいるわけでとりわけ母親の存在ほど大きな存在はないからなのかも知れない。

    百恵自身のストーリーも含めて、母というのがひとつのポイントになっている。
    そして同じく「さだまさし」も母を含めて、家族の繫がりやあの日の風景を題材にした曲が多い。
    そんな二人のコラボだけに今でも心の奥底に感動を起こす曲として今も歌い継がれているのだろう。

    そろそろ今年もコスモスの咲き乱れる頃である。


    以下の記事は以前Blogに掲載したものである。

    秋の名曲コレクション「秋風に吹かれて・・・」シリーズ7曲目は・・・遂に登場!
    これはこれは誰でも知ってる名曲。「秋桜」
    百恵さんの曲ですが、作詞作曲はさだまさしさん。
    さださんの曲といえば、この頃母親への愛情を歌った「無縁坂」などがありましたが、特にさださんの曲は家族への愛情を表現した曲が多いですね。
    この秋桜も嫁ぐ日を前に母と娘の心の揺れ動きをわかりやすく表現していますね〜
    まるで、目の前に情景が浮かんで来るような曲です。
    言葉のひとつひとつが日本語の素晴らしさを思い返していただけるようで・・・なんとも感慨深い曲です。
    今では結婚はイベントの一種のようで結婚もさほど重たく捉えられないようね印象がありますが、やはり住み慣れた家から他人の家へと嫁ぐということは娘の家族からすると淋しい一面もあります。
    私にも娘がいますが、いつの日か訪れるのか・・と思うとやはり考えてしまいます・・ね。
    我家の庭にも薄紅の秋桜が咲いています・・・ッウあせあせ
    しかし、訪れないこともまた淋しいですが・・・(笑)しょんぼり
    淋しい秋風に吹かれて・・秋の青空のもと、最後の親子・・・そんな素敵な曲は日本がいい時代だった頃に生まれた名曲なのです。


    これは秋のコンピレーションCD
    僕の作ったものと同じようなコンセプトですが、ちょっといい感じの1枚です。
    秋の夜長と上手につきあう17の知恵
    秋の夜長と上手につきあう17の知恵

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    音shopping





     iTunes Music Store(Japan)

    楽しい歌の道コンテンツ

    カウンター

    ブログパーツUL5

    北川大介

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    北川大介 全曲集~雪割りの花・横浜ルージュ~
    北川大介 全曲集~雪割りの花・横浜ルージュ~ (JUGEMレビュー »)
    北川大介
    あのデビューシングルのカップリング曲が初収録

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM